人と車の安全をめざして                           

                          
本文へジャンプ

概要1

     →概要2
<what's 路材協> 概要1

交通安全を目指して

 路面標示協会は、昭和40年代のわが国経済が高度成長し、自動車の普及と道路整備の進展に伴って道路交通事故が増加し、大きな社会問題となった時代の昭和46年6月に「路面標示材懇話会」をその全身として設立しました。
 又、わが国では、モビリティ社会へと移行する中で道路交通事故がますます増加し、まさに戦後の交通戦争とまで言われ、道路の交通安全施設(標識・標示等)の重要性が社会的ニーズとなり、国策として昭和46年以降5年毎に新たな「交通安全施設等整備五カ年計画」が策定され、今日に続いております。
 その間、私どもは、路面標示の重要性を認識すると共に、路面標示用塗料に関する規格の統一化と品質の向上を目指して、昭和48年6月には「路面標示材協会」と改組し、今日に至っております。
 当協会は、路面標示用塗料メーカー、及び、それに関する協賛会社で組織され、「人と車の安全・安心」をテーマに「良く見える、良くわかる」路面標示の設置を指向し、環境対応型塗料の開発推進と高齢者社会に向けた新たな交通安全を目指して活動を進めております。

当協会の主な事業はつぎのとおりであります。

     ・路面標示にかんする諸般の調査及び研究
     
     ・路面標示に関する啓蒙宣伝

     ・官庁その他関係機関に対する要望、建議及びその諮問に対する
      答申

     ・路面標示施工業者に対し、施工技術の向上、合理化に協力す
      る。

     ・道路及び交通安全施設に関する諸団体との協力

     ・図書及びパンフレット類の発行   

事務所:東京都千代田区神田佐久間町3−27−1(大洋ビル)
電話:03−3861−3656
  
次ページへ
路面標示材協会